こんにちは、宗教勧誘だったりマルチ商法の勧誘に合いやすいねこです。
maruti01
新宿を歩いていると、よく手相を見せてくれませんか?」と声をかけられます。

今日は誰に聞いてもいい噂を聞いたことがないアムウェイに勧誘された体験談を語ろうかと思います。
みなさん、アムウェイって知ってますか? アムウェイを聞いたことはないにしろ、ニュースキン、ニューウエイズとか聞いたことありませんか?

ネットワークビジネス、いわゆるマルチ商法(ねずみ講)で有名な会社。
仕組みを簡単に言うと、アムウェイの商品を自分で直接販売することができ、「ディストリビューター」という自分の子分を作ります。

子分たちが売った商品の数%のインセンティブが、親の懐に入ってくる仕組みです。

こういった商売は人脈形成が大事で、人を集めないと親が大きな収入を得られないようになっています。そんなマルチ商法集団の中に、片足を引きずりこまれようとした私の危ない体験談です。

スポンサーリンク

アムウェイ集団との出会い

私が社会人になって2,3年目くらいの頃でしょうか。友だちにフットサルに来ない?と誘われて、特に予定もなかったので行くことにしました。
maruti03

フットサルを主催している幹事の人は、友だちの高校の先輩ということだけ情報を知っていました。実際お会いするとさわやかな好青年とその隣にはとってもかわいいボブの彼女がいて、どこからどう見てもリア充オーラが発せられているごく普通のカップルでした。

さわやかカップルでとっても好感が高く、その日は連絡先を交換して、またフットサルだったり彼らの集まりだったりにちょくちょく誘ってもらえることになりました。
まぁ、それが事の発端だったんですがね・・・

あやしいアジトに呼ばれる

「ねこちゃん、よかったら今度友だち集めてホームパーティーするから来ない?」

かわいいボブの彼女にLINEで誘われたので、私は行きますと即答した。その時の私は、会社以外の繋がりというか、新しい友だちの輪が出来ることがすごくうれしかった。
彼らが拠点として活動していた、下北沢のマンションの一室に招待されました。

「ねこちゃん、いらっしゃ~い!」

かわいい彼女が私を出迎えてくれました。そこには彼女とその彼氏の他に2、3人(たぶん男子)来ていました。その人達もこの間主催されていたフットサルにいたぽかった。テーブルには料理が何品か置いてあって、学生のホームパーティーをちょっと豪勢にした感じのアットホームな感じでした。

よく見るとアムウェイ製品がいっぱいの部屋

行った初日には気が付かなかったのですが、周りを見渡すとそこには「Amway」と書かれたロゴの製品が・・・。私もその当時アムウェイの事をそんなに詳しく知らなかったので、特に気にせずその場でみんなとのおしゃべりを楽んでました。

でも・・・

なんかニオウのだ・・・

そう テレビがずっと流れているのだが、その内容がなんだかあやしい・・・

南の島で20~40代のまっ黒に日焼けした男女が、クルーザーに乗って豪勢な旅行をしている

ただただそれだけのDVDがずーーっと永遠に流れていた。詳しい内容はよくわからなかった。なんでそんなDVDがずっと部屋で流れているのかもわからなかった。

どんな内容なのか、そうそう・・・例えるならば、あゆの「fairyland」のPVみたいな感じ。

これはPVだし、かっこいいダンサーたちやイケメン美女が溢れているのだが、その私が見たDVDは別にかっこいいイケメンが出てくるまでもなく、単なるおっさん(成金ぽい)たちが10人くらいで、ただただ南の島で豪勢な旅行を楽しんでいるだけの内容だった。

主催であったさわやか彼氏に「ねえ、ねこちゃん、こういうのって憧れたりしない?」

と、言われた。

へ?|゚Д゚)))

こういうのって、この意味のわからないDVDのこと? へ?
特に興味がなかった私は当たり障りのない返事だけした記憶がある。なんでこんな問いかけをされたのか、その頃の私はまだ知るよしもなかった。

【追記】
ダイヤモンドDDとかエメラルドDDとか呼ばれる成績優秀なアムウェイ会員は、アムウェイ本部が超豪華な招待旅行などを用意してくれる特典もあるそう。なのであの南の島の映像は、その優秀な会員達が招待された際に作られたものでした。

主催のさわやか彼氏に食事に誘われる

あるときLINEでさわやか彼氏からこんなメッセージが届いた。

「ねこちゃん、よかったら今度二人でご飯でもどう?」

おいおいおいおいおいΣ(゚д゚lll) あんなかわいい彼女がいるのに堂々と浮気かよ!!!と思ったが、その界隈の人たちとやっと仲良くなれたこともあるし、とりあえずご飯だけならとOKした。

一応「彼女には許可もらってるの?」と聞いたら、「うん、彼女も知ってるから!」っていうよくわからない返事が返ってきて、また へ? ってなったけど、とりあえず誘われた新宿の居酒屋へ向かった。

そこは沖縄料理の雰囲気のよい居酒屋。
さわやか彼氏と二人でデートしてる風な感じになっていました。なんだかんだ、この人私を口説く気かしら((゜ω゜)ドギドギ)という感じで少し緊張していました。

お酒も入ってきて、特に他愛もない会話が続く。そんな中、さわやか彼氏がなんだか奇妙な事を言い出した。

「ねこちゃん、ねこちゃんはさ~、お金の事に興味があったりする?」

「この間見たDVDを見て、ああいった暮らしをしてみたいと思ったりしなかった?」

「実は、今自分はあるビジネスをやっていて・・・

「そのビジネスはね、人には大声で言えないんだけどね・・・ゴニョゴニョ。」

特別な子だけに、こうやって紹介しているんだ・・・」

・・・

へ?|゚Д゚)))

いきなり何を言い出すんだと思ったが、どうやら儲かる話があるらしい。で、彼はそのビジネスをやって成功して今幸せなんだよっていう所までは把握した。

実にここまで数時間・・・ アムウェイのアの字は一言も出てきていない!!!!

まぁ、そりゃあお金は好きですよ。お金があるといいねぇと適当に相槌をうっていたら、彼はそれを好感触だと思ったのか、私に一冊の本(雑誌みたいな、資料)を渡した。

「ねこちゃん、もし今日の話に興味があったらこの本を読んで欲しいんだ。」と言われ、その会はお開きになった。私は酔っ払っていたので、その日家に帰っても本を開きもしなかったのだが、お酒が抜けた次の日、なんだこれ・・・と思いながら手に取った雑誌にはこう書かれてあった。

アムウェイ(´・ω・`)

ネットでアムウェイがマルチ商法だと知る

IT業界に勤めていた私は、そこまで情弱な部類ではありませんでした。出来る限りのネットリテラシー能力を駆使し、この本に書かれてある意味のわからない「アムウェイ」関連情報を、ありとあらゆる所から集めまくった。

そして、さわやか彼氏からLINEがきた。
「今度、目黒でセミナーがあるんだけど、時間があったら来ない? ○日の19時からなんだ」

あっ(´・ω・`)察した。

彼が声をかけてきたのも、あのかわいい彼女がホームパーティーに呼んでくれたのも、すべては

アムウェイへの勧誘のため

だったのだということを・・・

情強な私は、アムウェイの裏事情をネットでかき集めて知ってしまったため、結構なショックを受けてしまいました。彼らには下心があったのだと・・・ 金づるにしようとしていたのかと(´・ω・`)

六本木であるというよくわからないパーティーに誘われたので、さわやか彼氏から貸してもらっていた本を返すために向かいました。何人かそこにアムウェイメンバーも来ていたみたいです。ごめん、今月は厳しいから商品買ってくれない?そんな話をこそこそとしていたようでした。

あの変なパーティーもたぶんアムウェイがらみのパーティーだったのかなぁと・・・きっとそうだ。

アムウェイの切れ目は縁の切れ目

彼らはそうやって、じわじわと人脈を広げていき、自分のネットワークビジネスに誘い混んでいるのであります。あんなに爽やかで好印象だった彼らでしたが、もうアムウェイに勧誘しよう感がプンプンだったので、私のほうから友だちの縁を切りました。

LINEをブロックしたので、向こうからは一時期どうして連絡くれないのか?などと連絡があったのですが、一度金づるターゲットにされたとわかった時点で私もすっかり冷めきってしまって、もう友だちに戻るのも無理かなぁと思いました。彼らと縁を切ったことには後悔していません。

後に知りましたが、私が初めて行ったフットサルメンバーのほとんどは、さわやか彼氏を筆頭とするアムウェイ集団でした。友だちの友だちを少しずつ集め、マルチ商法の言葉も知らない無知な子を次々勧誘し、お金や今の生活に満足してなさそうな人を狙って活動をしていました。

人を簡単に信じてはいけないなぁと・・・なんだか悲しいお話ですが・・・
マルチの他には創〇の宗教勧誘も身近でよくあるので、人においしい話をされたからといって、それを全部信じきらないで、最後は自分で判断する必要がありますね。みなさんも気を付けてください。周りの人がやっていたらきちんと辞めさせてあげてくださいね。

マルチ商法を辞めさせる方法

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク