こんにちは、ねこです。

仕事でたまに検索ボリュームを調べることがあります。最近の話題をいち早く知りたいのなら検索キーワードを調べるのが手っ取り早いですよね。
最近は1,2,3位はだいたい固定になってきてるような気がします。月単位で5~10位くらいは入れ替わることもありますが。
先月だと、モンストだったりAKB48の柏木由紀ちゃんとか多そうだなぁとなんとなく予想しています。

自分のブログをふと振り返ってみると、あんまり検索する人が多くないワードを選んでいるから人が集まりにくいのかなぁと。(まだまだ内容が薄いからでしょうね;;)

人をブログにたくさん増やしたいのであれば、全国民が検索している用語だったり、第2検索ワードだったりを組み合わせて検索からの流入を集めるのが一番効果的だと思うんですよね。今日は効果的なキーワードを狙うために、今一番検索されている用語を調べてみました。

今の検索ワードトップテンはこれだ!!!!(Yahoo!検索ワード調べ)

スポンサーリンク

1位 YouTube、ユーチューブ、ようつべ

kensaku01
おおぉ、王者はこれなんですね( ゚Д゚)
やはり次に来ているものは動画でしょうか?

今やYouTuber(ユーチューバー)と呼ばれる、タレントみたいな人もいますもんね。
動画だけでご飯を食べて行けるような時代になったんですね・・・ほんとに昔では予想だにしてませんでした。

私はたまーにゲーム系の動画を見るくらいでそこまでYouTubeに詳しくないのですが、こんなに検索している人が多いのならYouTubeを使ったキーワードで挑戦してみたくもなりますね。

サブキーワードに多いのは・・・

YouTube アニメ
YouTube ドラマ
YouTube 動画
YouTube 音楽
YouTube バラエティ
YouTube mp3
YouTube アナと雪の女王
YouTube アンパンマン 動画
YouTube 妖怪ウォッチ
YouTube 映画
YouTube ドラえもん
YouTube テラスハウス
YouTube ラッスンゴレライ
YouTube 嵐
YouTube アンパンマン

やはり、みんな無料で観ることができるテレビアニメだったりドラマを探しているんですね( ゚Д゚)

YouTubeに落ちていない場合は、海外のサイトにアップされることが多いですよね。
無料の動画へのリンク集のサイト「気ままにYouTube」とか検索してくる人多そう・・・
YouTubeで検索している人が多いことから、ブログでYouTube関連の記事を書くのもひとつの手ですよね。

2位 Amazon

kensaku02
Eコマースの王者Amazon。密林と漢字で言われることもありますが、私も最近お買い物をする時はAmazonしか使いません。というのも、間違ってAmazonマーケットプレイすに加入してしまい、その年会費分を使おうと必死になっているってのもあります笑

Amazon便利ですもんね、みんなブックマークに登録するのでなく、検索していってるんですね~

3位 Googleマップ グーグルマップ

kensaku03
地図といえばGoogleマップ! これのおかげで、方向音痴な私でも道で迷うことなく目的地に向かうことが出来る画期的なサービスです。
現在地が分かる所がいいですよね。あと進んでいる方向もわかるという部分が素敵。
あとは、グーグルで自分の実家だったり、今住んでる場所をグーグルアースで見にいったりしますよね。みんな一度はやったことあるはず。

4位 楽天

Amazonに次ぐ、Eコマースのトップサイト。楽天でお買い物もめちゃくちゃします。楽天カードマンのCMでもお馴染みですよねw
赤い配色で、たくさんショッピングしたくなるような感覚に陥っちゃうサイトのイメージですw

5位 Facebook

まだまだ流行っていますね。私の感覚ではようやく地方の人たちにもFacebookが浸透してきたなぁという感じです(´ω`*)
SNSといえばmixiを追い越して今やFacebookの独壇場。果たしてこの勢いはいつまで続くのでしょうか?

6位 Google

Yahoo!検索ワード調べなのでヤフーにきてGoogleと検索かける人がいるのですねw それなら最初からGoogleをホーム画面に設定すればいいのに・・・って思っちゃいますが。
逆にGoogle検索でヤフーと調べている人も多いのかな?

7位 DMM

ここにきて初めて社名がきました。DMM.comのあのサイトですね! なんで?って思ったんですが、よくよく調べたらここってア〇ルト動画がたくさん置いてあるんですね笑
社名がそのサービスの名前になっているので、それでDMMと検索する人が多いのでしょう。優良な動画がたくさんあるので人気なのでしょうね。
動画だけではなく、オンラインゲームだったり、電子書籍、通販と色んなサービスがありますね。

動画配信

8位 郵便番号

郵便番号。今やウェブで検索できるので便利ですよね。ウェブがない昔ってどうやって探してたんだろうってそっちのほうが気になります。
私もお正月とか年賀状を書く時に一度は検索してますね。

9位 ニコニコ動画

やはり動画伸びてますね! YouTubeに続く、日本の2大巨頭でしょうか。ニコニコ動画はそこで文化が出来上がっている所がまたすごいですよね。独特な世界観。ニコニコ生配信とかよく観に行ってます。テレビに次ぐ新たなメディアです。

10位 Twitter

まだまだ根強いTwitter! 私はアプリで使っているので検索っていうとなかなかピンとこなかったのですが、ウェブ版で使っている人も多いのでしょうかね。

というわけで、以上になります。

1~10位までいかがでしたでしょうか?
ヤフー検索調べで、たぶんア〇ルトは抜きにした検索ワードだと思うので、きっと7番目くらいにXvideoだったりFC2のア〇ルト系の動画サイトだったりのワードがくるんでしょうね。(私の中での予想)性欲関連の検索ワードはすごそうな気もします。特に夜は。

今度は人物名での検索ランキングだったりを調査してみたいと思います。きっとその月に話題になった芸能人だったり売れっ子アイドルが出てくるんでしょうね(´ω`*)
一度はトレンドキーワードを狙ってブログを書いてみたいものです。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク