初デートに映画マッドマックス 怒りのデス・ロードを選んではいけない理由とは | Cat-Hack

初デートに映画マッドマックス 怒りのデス・ロードを選んではいけない理由とは

初デートに映画マッドマックス 怒りのデス・ロードを選んではいけない理由とは

こんにちは、ねこです。
ジョージ・ミラーが40年ぶりにメガホンを取ったということで、昔のマッドマックスシリーズが好きな私は女友達(アラサー)と一緒に映画館に行ってきました。
あのメル・ギブソンの出世作となった作品ですね。今回はどんなスピードスリリング映像が観れるのだろうかと楽しみにしていったのですが・・・

ちょっとネタバレ注意です。
が、今からちょっと気になる女の子をこの映画に誘おうと思っているそこのあなた!!!

やめとけ|д゚) 告白の成功率下がるぞ

ハッキリおススメしないでおきます。
まぁ、男の子同士でのデートにはよいかもしれませんね(*´ω`)
心臓の弱い、特に絶叫マシーンとか嫌いな感じの人には刺激が強すぎるかもしれません。
なぜ、初デートにこの映画をおススメしないのか・・・

ちょっとその理由を私の感想含め、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
[adsense2]

最新作マッドマックス 怒りのデス・ロードとは

予告動画です。CMで見たことある人いるかな?

荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描き­、主演のメル・ギブソンの出世作となった『マッドマックス』シリーズ第4弾。同シリー­ズの生みの親であるジョージ・ミラーが再びメガホンを取り、主役を『ダークナイト ライジング』などのトム・ハーディが受け継ぐ。共演にはオスカー女優シャーリーズ・セ­ロン、『ウォーム・ボディーズ』などのニコラス・ホルト、1作目で暴走族のボスを演じ­たヒュー・キース・バーンら多彩な顔ぶれが集結。

主演のトム・ハーディが巻き起こすアクションスリリングな作品? と思っていたのですが、誰が観てもあの内容はヒロインのシャーリーズ・セロンが主演の映画でした。

主人公が薄いんです。え、頭じゃないよ(´ω`*)

北斗の拳の世界観?

漫画「北斗の拳」に影響を受けた映画だとはちらっと聞いていたのですが。
映画の全体的な印象を簡単にまとめると

北斗の拳の雑魚キャラが終始ヒャッハーしている映画です。

北斗の拳みたいに、主人公が北斗神拳だったり、ラオウくらい存在感のあるボスキャラが出てこれば楽しいんですが・・・

主人公とボスキャラ共に印象が薄い((+_+))感じでしたね。北斗神拳究極奥義使えないし。
シャーリーズ・セロン主演って言ったほうがよかったのではと・・・ だって最後ボスキャラ倒したのもこのヒロインなんですもん・・・

改造車カーチェイスでずっと爆音

暴走族とか、改造車マニアにはたまらない映画かもしれません。ものすごい凝った改造車で殺し合いが続きます。映画の8割はこのカーチェイスアクションではなかろうかと思います。

よくわからんですが台詞がないんですよ。主人公が話さないんですよ(´゚д゚`)

会話がなさすぎて、内容が薄っぺらいというか、その世界観のすべてを映像で読み取らなくてはならず、主人公がなぜ幻惑にずっと襲われているか、スキンヘッドの白塗りの使い捨て戦士たち「ウォーボーイズ」は何なのか? どうして短命なのか? なぜ彼らはボスである「キングイモータンジョー」を崇拝し彼のために命を投げ出すのか?

そこらへんまったく説明なし・・・ なんなんだよこれ・・・と思いながら終始爆音に耐える拷問。
眠れもせず、ずっと目を閉じてイスに座っていました。映画館に来てこんなの初めてです(泣)

終わった後どっと疲れがでた

BGMもずっと爆音、ずっとジェットコースターに乗っていたかのような目まぐるしいカーチェイス、人の命を何だと思ってんだと思うくらい人がバタバタと死んでいく・・・

観たことを大変後悔しました。でも、映画のレビューはなぜか高評価で、この作品は評価が2手に分かれてしまうものなのかなぁと思いました。
私にはハマりませんでした。が、たぶん男の人はこういう映画大好きだと思います。何がいいのかわからないですが。

アクション映画だったら私はインディージョーンズくらいがよいですね。せっかく今作品は今までいなかった美女を取り入れたのだから、ちょっとくらい恋愛要素入れようよ!って思いました。まぁ、無理やり盛り込んで、総合したら30分くらいしか話してない男女がいきなり発情し始めてワッショイやっちゃうよりはマシですが・・・

唯一よかった演出

改造車の上でギターを弾いているウォーボーイズ。この後ろでは太鼓をたたいている集団も乗っています。これなんかかっこいいなぁと思った。うるさかったけど。
eiga

ということで、女ウケ悪いと思うので、映画を観に行こうと思っている人は、その相手がフランス映画だったりディズニー映画とか好きな人であったら絶対に選んではいけないと助言しておきます。

スポンサーリンク
[adsense2]

製品レビューカテゴリの最新記事