ドコモからワイモバイルに乗り換えた時の解約金について

ドコモからワイモバイルに乗り換えた時の解約金について

こんにちは、ねこです。
ドコモ(docomo)ユーザーからワイモバイル(Y!mobile)ユーザーになってもうすぐ半年がたちます。
何でもっと早く解約をして乗り換え(MNP)をしなかったのか、毎日悔やむばかりです。

ドコモを解約する時に初めて知ったのですが、定期契約期間内に解約や廃止をすると、一律○○円とかではなく、料金プラン / 割引サービスごとにかかる解約金(違約金)が違うということでした。

契約時に解約の事なんかまったく頭に入れていなかったので、一体どんなプランに加入してて、どんなサービスを受けてたか慌てて調べちゃいました。

ドコモの解約金一覧表

大半のみなさんが契約しているであろう、カケホーダイプランの解約金は9,500円になっております。

その他、契約した料金プランや割引サービスごとに色々とお金がかかってきます。

私は解約金を払うのがどうしても嫌だったので、解約金がかからない期間ピッタリにワイモバイルに乗り換えました。

解約金がかからない期間は以下になります。

ドコモの解約金がかからない期間は

解約金がかからない期間は、2年に1度定期契約満了月の翌月+翌々月の2ヶ月となります。

2016年2月前までは、この解約にお金がかからない期間がわずか1ヶ月しかなかったのですが、2ヶ月に延長されました。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、お客さまが2年定期契約の料金プランや各種割引サービスを解約する際、これまで定期契約満了月の翌月の1か月間を解約金がかからない期間とさせていただいておりましたが、この度1か月延長し、2016年2月に2年定期契約等が満了を迎えるお客さまから、定期契約満了月の翌月と翌々月の2か月間に拡大いたします。

なるべく解約金がかからない期間に契約を終了させたいですが、なんせ2年縛りが結構長いせいで契約満了月を忘れてしまい、解約金がかからない期間が過ぎてしまっている人が多そうです。

こんな人は解約金がかかっても乗り換えた方がお得!

解約金がかかろうとも、ワイモバイルに乗り換えた方が年間を通して払うお金が断然お得になる人は以下のような人になります。

  • 独りで契約している(家族単位で契約していない)
  • 電話はほとんど使わない
  • ガンガンネットを使う

単身世帯で、友だちとのやり取りは電話ではなくほぼLINEが多いよという人、1日のうちスマホを使う時間がそれほど長くない人などですかね。

同じデータ通信容量の月々の料金で比較してみます。

ドコモ カケホーダイライト(2GB) 月額 5,500円
ワイモバイル スマホプランS(2GB) 月額 1,980円

月々3,520円の差額が出てきますね。同じデータ通信量を使っているのにこんなに支払いの差が出てきます。

同じデータ通信容量の年間の料金で比較してみます。

ドコモ カケホーダイライト(2GB) 年額 66,600円
ワイモバイル スマホプランS(2GB) 年額 23,760円

年間で42,240円の差がでてきますね。ワイモバイルに乗り換え時にかかる解約金9,500円+MNP転出にかかる費用2,000円を引いたとしても、年間を通して30,740円もお得なのは変わらないのです。

電話を全然かけないでLINEばっかりやっている人は、早く乗り換えしましょう!

ワイモバイルは店頭よりもネット申し込みが楽

今まで大手キャリアのスマホを契約していた人にとって、店頭で契約&解約手続きを行わないと不安・・・という方も多いと思われますが、新しくワイモバイルの格安SIMに乗り換えるだったり、機種変更するにあたって、すべてウェブ上で完結してしまいます。

私も一体どうすればいいのか分からなかったですが、MNP(番号ポータビリティ)の転出手続きをドコモの方でして(した段階で解約になる)、ワイモバイル(Y!モバイル)のサイトで契約を行う・・・ 

これらの一連の作業はすべて自宅で完結してしまいました。
割と簡単に出来ました( ^ω^) 

・・・とまではいかないですが、この苦労をやっててよかったと思える料金になるので、ウェブの公式サイトで手続きを済ませてみてください。

ワイモバイル公式サイト

ワイモバイルカテゴリの最新記事