スマホの検索結果が変わる!?googleのアルゴリズム変動、モバイルフレンドリーとは? | Cat-Hack

スマホの検索結果が変わる!?googleのアルゴリズム変動、モバイルフレンドリーとは?

スマホの検索結果が変わる!?googleのアルゴリズム変動、モバイルフレンドリーとは?

4月21日(月)からGoogleがスマホ検索アルゴリズム「モバイルフレンドリー」の導入を開始しました。全世界同時導入予定でアップデートが完了するまでに2日~1週間かかるそう。

これはこれは・・・ペンギンアップデートに続く大きな改変!

Web業界にいるのに、ねこはこの事を知ったのがつい最近で慌てて調べました。笑

今やウェブサイトでの流入の半分以上はPCからではなく、スマートフォンからのアクセスとなりました。
ウェブサイトを運営している人は必ず知っておかなきゃいけない情報です!
今回はこのモバイルフレンドリーについて簡単にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
[adsense]

目的

スマホに最適化しているサイトを上位に表示するため

別の言い方をすると、スマホ対応していないサイトはスマホでの検索ランキングが下がってしまうということです。

具体的にどのくらい影響がでるのかということは公式では発表されていないのですが、スマホに最適化されていないサイトを持つ方にはかなり影響大だと思われます。

実施範囲、影響範囲は?

スマートフォンにおける検索結果に影響がでます。
ページ単位での変動です。スマホ対応されていないページがあっても、サイト全体ではなく単体ページごとで影響を受けることになります。
※PCの検索には影響はありません!

モバイルフレンドリーなページかを調べるには?

スマホからGoogleで検索

スマホで自分のサイトを検索し、「スマホ対応」と表示されていれば、スマホ対応だと認識されていることになります。
「site:(URL)」と入力してサイト全体の状況を把握しましょう。

モバイルフレンドリーテスト

下記のウェブサイトに行き、調べたいサイトのURLを入力します。
検索結果画面で「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」と表示されたらひとまず安心してください。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

mobahure
当サイトCat-Hackがモバイルフレンドリーなのかを調べてみましたよ。

mobahure_2

モバイルフレンドリーの表示が出てくれました。(一安心)

NGの場合

モバイルフレンドリーではない、NGであった時の場合は以下のような記述が出てきます。

* 互換性のないプラグインを使用しています
* テキストが小さすぎて読めません
* リンク同士が近すぎます
* モバイル用 viewport が設定されていません
* コンテンツの幅が画面の幅を超えています

レスポンシブウェブデザインについて

Googleの公式モバイルガイドラインでは、レスポンシブウェブデザイン対応を推奨しています。

おっ、私のサイトレスポンシブだった・・・やった( ^)o(^ ) と思っていたのですが、別にレスポンシブだったからといって検索順位が優位になったり上がることはないとのことです。

単にGoogleの検索ロボットが、レスポンシブのワンソースのほうが理解しやすいから楽という運用面、管理面から推奨しているだけだそうです。検索順位を上げるには、レスポンシブよりもスマホ対応をさせて中身を充実させるほうが大事みたいですね。

Googleウェブマスターツール「モバイルユーザビリティ」

Googleウェブマスターツールの検索トラフィック → 「モバイルユーザビリティ」で自分のサイトがモバイルユーザビリティで問題ないページとして認識されているかを確認しましょう。

mobahure_3

一安心・・・
モバイルユーザビリティに問題があるページと判断されると以下のような記述が出るそうです。

* タップ要素同士が近すぎます
* フォントサイズが小です
* ビューポートが設定されていません
* コンテンツのサイズがビューポートに対応していません
* 固定幅のビューポート
* Flash が使用されています

ここでエラーが出ていた場合でも、モバイルフレンドリーテストで問題なし「スマホ対応」と表示されることもあるそうです。Googleに注意されていたら、素直にこれらを修正したほうがよさそうですね。

ということで、これからどんどんスマホにシフトしていくと思うので、サイトを運営していてまだPCサイトしか持っていないという方は早急にスマホ対応をしたほうがよさそうですね。

スポンサーリンク
[adsense]

SEOカテゴリの最新記事